スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビフォア アバター。

「タイタニック号を舞台にしたロミオ&ジュリエットをやりたい。」

あるヒットメーカーのその言葉に、スタジオの重役達は苦笑した。






今からざっと15年くらい前。

そのヒットメーカーとはもちろん、ジェームズ・キャメロン監督。

いくら「T2」が世界で5億ドルを稼ぐ大ヒットを記録したとはいえ、

予算オーバーで有名なこの監督の言うことを素直に聞くほど重役も甘くなかった。

最後には沈むという結末がわかっている映画を誰が見に来るのか。

「水のジンクス=大量に水を使う映画はヒットしない」というのもあった。

キャメロン自身も監督作品で唯一成功したとは言いがたいのが、深海を舞台にした「アビス」だった。

そしてキャメロンがスタジオに打診した予算は1億5千万ドルといわれる。

その当時の史上最高の制作費はキャメロン監督の「トゥルーライズ」で1億2千万ドル。

シュワちゃん主演のアクション超大作ということである程度の成功は予想されたであろう「トゥルーライズ」に比べ、

結末が見えている船でレオ様主演のラブストーリー…。

そりゃ重役さんも首を縦には振りづらい。







結局なんとかゴーサインが出たはいいが、超(×100)完璧主義のキャメロン監督、あっという間に予算オーバー。

ほとんど画面に映らんような、実際のものと同じデザインの食器まで丁寧に作ってりゃ、いくらお金があっても足りんでしょう。

自分のギャラを返上してまで撮影続行させたが制作費は膨らむばかり…。

撮影中、監督のイスのそばには(自殺用の)カミソリが置かれていたというエピソードもあるくらい。

結局、予定を半年延期した1997年12月、ついにその映画は公開された。

もちろんその映画のタイトルは「タイタニック」。

航海すればこっちのもの、とばかりに世界中で大ヒット。

2億ドルを超えたといわれる制作費の何倍もの興行収入を叩き出し、

歴代1位だった「ジュラシックパーク」を抜いて世界で一番ヒットした映画になった。

だけでなく、アカデミー賞でも1959年の「ベン・ハー」と並ぶ最多11部門を受賞。

まさに「I'm king of the world!」





世界の頂点に立ったキャメロン監督が、誰にも文句を言わせず、

自分の脳内イメージを好き放題に映画化したらどんな作品ができるのか。

その答えはお近くの劇場へ。

ジェームズ・キャメロン監督、12年ぶりの最新作「アバター」。

見終わった直後のボクの感想。

「とんでもないモン作ったね…」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。