スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るろうに剣心

るろ剣

人気漫画の映画化ということですが、ボクは漫画を読まない人なので、予備知識は一切ありません。

そんな中で見た感想なんで、あしからず。



今年は話題作が多すぎて、自分でもよくこの映画を見る気になったと思うんですが(笑)、

やっぱり日本の娯楽アクションって気になりますね。

邦画界で一番、弱いところですから。

当然、あまり期待はしてなかったんですけど、これがなかなか、どうして。

今のところ、ボクのランキングで「ダークナイト・ライジング」に次ぐ2位にランクイン。



キャストなんですが、漫画を知らないボクはイメージがないんで、その判断は難しいとこがありますが、

少なくとも、それぞれの役を俳優さんが楽しみながらやってるなと思いました。

個性的で役割もハッキリしてたし。

特に剣心さんはよかったです。

二面性のあるキャラを見事に演じ分けてて。

クライマックスより、中盤に出てきた過去シーンの「狂気」が印象的でした。

まだまだよくなりますね、注目です。



それとアクションはやはりウリにしてるだけあって、よくできてました。

ただ速いだけじゃなく、いろんなアイディアを盛り込んでるのがよかった。

面白いの作ってやろうって意気込みが伝わってきます。

大人数を一人でバッタバッタ、一対一の勝負、どちらも見応えアリ。



そして一番よかったのは、始め頃のある場面。

悪役の一人が、警察署を襲撃するシークエンスがありまして。

組織から逃げ出した女の人を連れ戻すために一人で殴り込みをかけてくるんですが。

この展開だと、

「あぁ、ターミネーターみたいだね」

と思いながら見てたんですが。

もしそうならこういうシーンが欲しい!って思ってたら、その通りのシーンの連続で。

これは間違いなくターミネーターを意識して撮ったであろうという作り方で、

かなりテンションが上がりました。

作り手と思いが通じた気がして嬉しかったです(笑)

このシーンがなければ、きっと最後まで一歩引いて見てたと思うんですが。

めっちゃのめり込んでしまいました。



ということで、かなりベタ褒めなんですが、正直見てて「?」というのもなくはない。

あと、悪役の中ボス?みたいなのが一人、余計だったかなと思ったり。

あの仮面の人ね。

あれがいないほうが、より最後が盛り上がったはずなんだけど、

きっと漫画的に切れないキャラだから仕方ないんだろうなと納得。



とにかく、作り手さんのこだわりがヒシヒシと伝わってくるのがよいです。

「あぁ、きっとこれは漫画読んだ人ならツボなんだろうな」

というシーンもいくつかあって、その作り方がアツいんです。

愛情がこもってますね。

で、やっぱりこの手の邦画がもっと盛んになってほしいんで、

若干甘めの採点かもしれませんが。

これはみなさんにオススメです。

ぜひ劇場へどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。