スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春(裏)報告。

グリーンアリーナでの新春神楽、たくさんの方に来ていただきました。

ボクは3日に出動。

しっかり仕事してきました。

で、2日は某所にお忍びで?神楽鑑賞。

ボクがプライベートで神楽を見に行くのは年に数回なんで、貴重な体験です。

今回お邪魔したのは、庄原市口和町で活動されている、

常定(つねさだ)神楽継承団体 戸山会(とやまかい)さんの「新春神楽公演」。

こちらとはちょっと違う、いわゆる備後神楽の系統。

備後神楽って、今まで儀式舞しか見たことなかったんですが、

今回はプログラムの中に、

「竹夜叉」「伊吹山」

があるということで、興味津々。




清め

まずは「清め」。

二人の舞手が幣と鈴、扇子を持って舞う儀式舞。

客席からの四方で、意外と短い印象でした。

楽は同じリズムを淡々と繰り返す感じで、備後神楽の雰囲気を感じました。

終わったかと思いきや、間髪入れず「猿多」が始まりました。

猿多

猿多彦が登場して、扇子~刀での舞い。

「清め」で見た基本の舞に、刀を振り回したりという特徴が見られました。

特徴と言えば歌ですね。

代表の方から、ここの神楽は「しゃべりと歌」が多いと説明がありましたが、まさに。

今回のイベントでボクが知ってる歌はほとんど聞かれず、

歌詞を聞き取るのに必死でした。

一つ歌を歌ったり、何かするごとに一方舞う、という感じ。

この淡白にこなしていく舞ぶりにも伝統を感じました。

竹夜叉

そして注目の「竹夜叉」。

浦部季武の妻、姫松が、竹夜叉の手下にさらわれます。

しかし季武は神の加護を受けて妻を救い、竹夜叉征伐に向かいます。

竹夜叉は妖術を使い、さらに兄の太郎将軍義門と共に戦いますが、

季武は臼井貞光の助けを借り、竹夜叉を退治します。

面白かったのが、竹夜叉の手下のお二人。

これがチャリ役で、「兄ぎし弟ぎし」のようなコンビネーションで笑わせてくださいました。

そして姫松役が女子高生さん、さらに季武役が手下役の息子さんで、

ま~、世間話も出るし親子の会話もあるし、客席からのご近所ネタでのツッコミもあるし!

とってもアットホームな雰囲気で、暖かい楽しさに溢れてましたね。

最後の合戦の激しさは、お隣の安芸高田市の八調子を思わせるもの。

こういう演目の備後神楽、非常に興味深いものでした。


恵比寿

「恵比寿」は今回の中で一番、芸北のものに近かったでしょうか。

「○○の種」を分け与える場面、いろんな種が出てきて笑いました。


伊吹山

最後はこれまた興味深い演目「伊吹山」。

最初に出てきた見慣れぬ人物、誰かと思ってセリフに注目すると、

なんとまぁ景行天皇さんですよ!

これは珍しい…やっぱり面白いですね。

んで日本武尊さんに伊吹山に行くように命じて、尊は素直に応じるんですね。

別に仲が悪いようなくだりはなかったです。

そして尊のお供が「当八(とうはち)」というチャリ役。

これまた、いろんな笑いを提供してくださいました。

そして鬼が二匹登場しましたが、これが阿須那系八調子そのもの。

舞も楽も、お馴染みの光景で。

そして鬼が退治されると大蛇の登場。

この流れもまさに阿須那系ですね。



ということで、備後神楽と阿須那系が融合したような、本当に興味深いものを見せていただきました。

本当に勉強になりました。

やっぱり自分の足で歩くのは大事ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。