スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インセプション

人の潜在意識…夢の中に入ってアイディアを盗む。

映画「インセプション」の主役がその道のプロフェッショナルの役。

ところが今回の彼の任務はその逆、アイディアを植え付ける=インセプション。

不可能と言われるこの任務を成功させることができるかどうか。

ストーリー説明だけでもわけわからんですね。






「ダークナイト」から2年、クリストファー・ノーラン最新作は実に彼らしい作品。

わけわからんストーリーを、その編集テクでさらにややこしく(笑)

ボクは「メメント」以来、その編集技術に魅せられて大注目してるんですが、

前回の傑作「ダークナイト」ではそのお得意の手法を封じ、見応えあるドラマに仕立てあげた。

そのぶん、今回は本当に編集がすごかった!!

人が眠りに落ちて、夢に入る場面が多々あるけど、そこの切り替えが見事。

単純なカットの切り替えだけなんだけど、そのタイミングは「うまいなぁ~」と唸らされました。

そして脚本、これも斬新なアイディア満載、どっかで見たなんてものはなくて。

アカデミーのオリジナル脚本賞と編集賞はカタいんじゃないでしょうか。

とにかく、ヒッジョーに勉強になる作品です。







面白かったのは、「夢」の描き方というか、それに対する意識の描き方。

例えば、映画の中で「夢から覚めるにはどうするの?」みたいなセリフがあって。

「夢の中で死ねば、強制的に夢から覚める」のともう一つ、「キック」という方法。

いろんな「キック」があるんだけど、高いところから飛び降りるシーンがあって。

そいや、ボクも夢見たときに高いとこから飛んだら、そこで夢から覚めるなって思い当たって。

こういうのって万国共通なんだねと思った(笑)

他にも色々と、自分が無意識の内に見てる「夢」というものを、見事に映像化、作品化してあった。

だから見れば見るほど、どんどんこの映画のスゴさがわかってくるような気がします。







そして気になるのはやはりクライマックス…。

夢がテーマの作品だけに、

「どうせ最後は、実は夢でした、みたいなオチなんでしょ」

って思う方もいるかも。

でもそこはノーラン監督、そんな安っぽいエンディングにはしません。

そんなコトを思いながら、さぁどう終わるのかを考え始めた矢先、なんか嫌な予感が…。

待てよ、この監督だからもしかして「あぁいう」終わり方をするかも…。

そして最後のカット、あるモノが写り、まさか!?というところでブラックアウト。

やっぱり~~!!!やられた~~!!!

じぇ~~~~ったい、そうくると思っだぁ~~!!ぐやじぃ~~~!!!

っていうのがボクの感想(笑)

終わり方は「メメント」に似た感じですな。











ストーリーが難解な上に展開が早いので、ボーっとしてたらあっという間に置いて行かれます。

まるで「君たちにわかるかな?」みたいな、なんか観客に挑戦してるような雰囲気すら感じます。

ま、この人の作品の特徴ですが。

とにかく、超~集中して見ないといけない…というか、そうなってしまう。

そうやって、一生懸命見たのに、最後はあぁやって見事にやられる…。

ボクみたいに、ボランティア精神が旺盛な人には受けやすいかも(笑)





今年の映画ランキング、1位は「アバター」で決まりと思ってましたが、いやいやなんの。

後半になかなか良作が集まりました。

こりゃ久々にベスト10決めるの悩みそうです☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。