スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るろうに剣心

るろ剣

人気漫画の映画化ということですが、ボクは漫画を読まない人なので、予備知識は一切ありません。

そんな中で見た感想なんで、あしからず。



今年は話題作が多すぎて、自分でもよくこの映画を見る気になったと思うんですが(笑)、

やっぱり日本の娯楽アクションって気になりますね。

邦画界で一番、弱いところですから。

当然、あまり期待はしてなかったんですけど、これがなかなか、どうして。

今のところ、ボクのランキングで「ダークナイト・ライジング」に次ぐ2位にランクイン。



キャストなんですが、漫画を知らないボクはイメージがないんで、その判断は難しいとこがありますが、

少なくとも、それぞれの役を俳優さんが楽しみながらやってるなと思いました。

個性的で役割もハッキリしてたし。

特に剣心さんはよかったです。

二面性のあるキャラを見事に演じ分けてて。

クライマックスより、中盤に出てきた過去シーンの「狂気」が印象的でした。

まだまだよくなりますね、注目です。



それとアクションはやはりウリにしてるだけあって、よくできてました。

ただ速いだけじゃなく、いろんなアイディアを盛り込んでるのがよかった。

面白いの作ってやろうって意気込みが伝わってきます。

大人数を一人でバッタバッタ、一対一の勝負、どちらも見応えアリ。



そして一番よかったのは、始め頃のある場面。

悪役の一人が、警察署を襲撃するシークエンスがありまして。

組織から逃げ出した女の人を連れ戻すために一人で殴り込みをかけてくるんですが。

この展開だと、

「あぁ、ターミネーターみたいだね」

と思いながら見てたんですが。

もしそうならこういうシーンが欲しい!って思ってたら、その通りのシーンの連続で。

これは間違いなくターミネーターを意識して撮ったであろうという作り方で、

かなりテンションが上がりました。

作り手と思いが通じた気がして嬉しかったです(笑)

このシーンがなければ、きっと最後まで一歩引いて見てたと思うんですが。

めっちゃのめり込んでしまいました。



ということで、かなりベタ褒めなんですが、正直見てて「?」というのもなくはない。

あと、悪役の中ボス?みたいなのが一人、余計だったかなと思ったり。

あの仮面の人ね。

あれがいないほうが、より最後が盛り上がったはずなんだけど、

きっと漫画的に切れないキャラだから仕方ないんだろうなと納得。



とにかく、作り手さんのこだわりがヒシヒシと伝わってくるのがよいです。

「あぁ、きっとこれは漫画読んだ人ならツボなんだろうな」

というシーンもいくつかあって、その作り方がアツいんです。

愛情がこもってますね。

で、やっぱりこの手の邦画がもっと盛んになってほしいんで、

若干甘めの採点かもしれませんが。

これはみなさんにオススメです。

ぜひ劇場へどうぞ。
スポンサーサイト

おろちっち。

昨日は敬老会で舞ってきました。

「塵倫」「八岐大蛇」の二本立て。

ボクはスサノオのため、塵倫の竹麿さんは久しぶりに外れました。

塵倫を舞わなかったの、5年ぶりでした。

で、大蛇です。

省略バージョンのため、いつもより楽だったはずですが、

この日はかなり暑かった!

やっぱり暑いとしわいですね〜。

今回は爺さんと婆さんがかなり笑わせてくれました。

毎回、何をするかわからんので、密かに楽しみにしている場面です。

カツラが吹っ飛ぶわ、面がズレるわ。

さらに太鼓も爺さんをおちょくって。

短くせにゃいけんはずなのに、ここが長かったような(笑)



さぁいこう

そして大蛇との立ち合い。

今回はやる前に、トラ蛇さんと落ちる段取りをしとりました。

「(ケガしたらいけんけぇ)飛ぶつもりで落ちぃよ。」

と言われ、よっしゃ今日は落ちるで〜と気合いが入りました。

だいたい、トラ蛇さんの猛烈な攻撃で、ボクは舞台からよく落とされるんです。

今回は体育館のステージだったんで、かなり落ち甲斐もあります。

んで本番、予定通り落とされたんですが、その後。

なんとまぁ、トラ蛇さんまでジャンプして落下。

これにはお客さんもビックリ!

でもすぐ目の前に大蛇がやってきたんで、きっと喜んでもらえたことでしょう!

でも当の本人は落ちるつもりではなかったらしく、

「どうしょ、どうしょ」

と言いながら、んしょんしょと階段を使って舞台に戻られてました(笑)



大朝から2時間以上かけて会場に行って、あの暑さ。

けっこうくたびれました。

帰ってから、トラ蛇さんこと栄治さんと、

「これからは鍾馗しかないんか・・・」

とウンザリ(笑)

ほどほどに頑張って、競演でいい舞ができるようにしたいですね。

サンドイッチ。

今週はとても忙しかったです。

月曜、練習。

火曜、特派員報告。

水曜、練習。

木曜、特派員報告。

金曜、練習。

土曜、特派員報告。

どれも3、4時間かかるから、もう一日があっという間。

ということで、先日の中四国神楽フェスティバル、感想文できました。

http://www.npo-hiroshima.jp/blogn/index.php?e=342

阿波おどりの記事を書くのにご助力いただいた、もみじ連さんありがとうございました。


まろがことなり。


さて画像は月曜の練習より「塵倫」。

そう、ボク珍しく天皇役。

てか初めて?

楽しかったです。

けんくん、変わろうや(笑)

明日は世羅を通り過ぎて府中市で舞ってきます。

あ、世羅で妹を積んでいかねば。

頑張ります。


では今から市内で、結婚式ビデオの打ち合わせに行ってきます。

あ~~いそがし~~。

まず一つ。

今日は「八岐大蛇」を舞ってきました。

やっぱスサノオ。

久しぶりの上演だったこともあって、なんか気合いが入りすぎたみたいです。

おかげでよい舞ができました。

というより、やっぱり「鍾馗」の特訓で、だいぶ上達したみたいです。

また来週もスサノオです。

頑張ります。

3つ。

こないだの練習。

おぉ

「鍾馗」「塵倫」「八岐大蛇」の豪華三本立て。

もちろん通して。

祭りの当番でもないのに、なんか張り切ってますね。

ボクは鍾馗と大蛇の二つで神を。

あ、どっちもスサノオさんですね。

なんか最近、すっかり郷之崎のスサノオになってしまってますな。

八百万の神々を困らせる乱暴者のスサノオさん。

「おだやか」「やさしい」「おおらか」と言われるボクには似合わん役かも。

しっかり練習して、ちょっとでもがんぼっつぅに見えるように頑張ります。




あぁあ、もうあさっては本番じゃった。

安佐南区八木の施設で、「八岐大蛇」をやってきます。

敬老会イベントなんで、一般の方不可です、あしからず。

前回6月の「八岐大蛇」では、団長さんにスサノオ取られたので、

「今回もぜひどうぞ♪」

ってすすめたら、

「(しわいけぇ)二度とやらん。」

って、あっさり役を返してもらいました(笑)

大蛇はアドリブだらけなんで、やってて楽しいですね。

楽しみつつ、見てくださる方に喜んでもらえるように頑張ってきます。

NGシーン。

ゆうべの練習より。

あれれ

栄治さんお休みのため、まささんに鬼の代役をお願いしました。

…いろいろ、楽しかったです(笑)

さてこれはどんな場面でしょうか…。
プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。