スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域の中で生きる。

東北沖の大地震から一週間が過ぎましたが、ブログをなかなか更新できずにいます。

なんか、キーボード上の指が重たいですね。

こないだの特派員報告は代理のWさんでしたが、これは元々そういう予定で、地震の影響ではありません。

ボクは消防の訓練で、Nさんにも用事がありまして。

こう言ってはなんですが、行かない予定でよかったなと。

たぶん今回はボクよぅ書けんかったと思います。

でも被災地の方々はもっとつらい思いをされてるわけですから、

こんなところで落ち込んでいるわけにはいきませんね。

少しでもエールが届けばいいなと思います。






新庄に引っ越して3年が経とうとしています。

こっちで学んだことはたくさんあるんですが、その中の一つを。

自分は新庄に住んでいる、んじゃなくて、

住まわせていただいている、ということです。

だから神楽にしろ消防にしろ、講中務めにしろ。

地域のために何かするのは、ごく当たり前のことなんだなと。

これは別に誰かから言われたんじゃなくて、なんかいつの間にか自然に身についてた感じで。




でやっぱり、そのことを強く実感するのが消防の活動でした。

消防団の活動で、自分の分団の消防車に乗ることがよくあるんですが、

すれ違う地域のみなさんが挨拶してくださるんですよね。

田畑で農作業されてる方が、消防車に気づくと手を止めておじぎをしてくださったりするんです。

それを初めて見たときは、ちょっとした衝撃でした。

これはあくまで勝手にボクが思ってるだけですが、そのおじぎが

「いつも見守ってくれてありがとう」

というような意味に思えてなりません。

それを見て誇らしい気持ちとかになるのではなく、

「自分が命と財産を守る立場にある」

ということを改めて感じるんです。

身が引き締まる思いなんですね。




神楽や消防を通じて地域の事を考える機会って、本当にたくさんあるんですけど、

これってすごく大事なことだなと。

そういう活動で、地域の中で信頼関係を築いていくことは、

自分にとっても地域にとっても大切な財産になりますね。

このたびのような大災害が起こっても、絶対に助けるという信念が持てるし、

助けてもらう側でも、絶対に助けてくれるという希望が持てる。

信じる力ってすごいと思います。




消防がそうやって実際に活動する場ですが、神楽はどうでしょう。

ボクが思うに、この郷之崎の舞の中に、地域の中で生きるとはこういうことだ、

というメッセージが込められているような気がします。

こっちに来て、そんなことまで見えるようになって、ますますのめり込んでますが(笑)

ボクが知らず知らずの内に身につけた思いを、地域のみなさんと共有できてるんじゃないかなと。

地域という共同体があって、自分はその中の一人。

ごく当たり前のことですが、こちらに来て学ばせていただいた、大切なことの一つです。





まぁ今は一人暮らしだから、こう思える余裕があって、これが結婚して家庭を持つと

家族で手一杯で、なかなか周りまで気が回らなくなるのかもしれませんが…。

毎日、自分を支えてくれる人に感謝できるようにしたいですね。
スポンサーサイト

どうにもできない。

テレビで繰り返し流される、今回の災害の映像。

特に津波の瞬間など、言葉を失います。

自然の脅威の前には、人間はとても小さいものなんだと思い知らされる思いで。

今日は消防の訓練でしたが、もしこれが広島市に起きたことなら、もちろん出動だっただろうなと。

ここからでは被災地にできることはほんのわずかですが、

ここまでひどいと、近くだったとしても実際に何ができるのだろうか。

少しでも多くの命が助かるよう、祈りたい気持ちでいっぱいです。

唐のミスター。

今週最大のお仕事。

実は今度、近所の方が結婚されるということで。

その友人の方々が、披露宴の余興としてカラのミスターのPVを作ろうと。

何でも自分らで踊って、ボクにそれを撮影、編集して欲しいという依頼。

PVの編集は何を隠そう、ボクの一番の得意ワザ。

喜んでやりましょう。






で、その本物のPVをネットで検索して、さっそく研究~。

…うぉ!?

このダンスを30~40代の酔いた…じゃない、エェ男さんがやるんですか?

それはさぞかし気持ち悪…じゃない、素晴らしいものになるでしょうて。

ってなことで、先日練習に行ってきました。

その練習風景も交えた映像にしたいってことで。

本物は5人組なんだそうですが、今回は6人でやるそうな。

ところが4人しかメンバーが来てなくて、一人は遅れてくると。

それじゃ…と、とりあえず4人で練習開始。

ボクは気配を消してカメラマンのお仕事開始。

そして練習の残り時間が30分を切ったところで、ようやく一人がやってきました。

もう一人はどうやらもうこないみたいで、

「ちょっと立ち位置だけでいいけぇやってくれん??」

とボクに声が。

はぁはぁ、もう十分に練習も撮れたし、それくらいなら協力しましょうて。

別に踊りたいわけじゃないんだけど、地域のみなさんとワイワイやるのが大好きですからね。

でようやく人数がそろって、最初はどうなることかと思ってましたが、なんとかなりそうです。

今回は練習で、次回は衣装をそろえて本番なんだそうです。

ふむふむ。






ところが。

その練習が終わってから、遅れてきた一人がとんでもない発言を。

「○○さん(来てないメンバー)、ケガして参加できそうにないです。」

えぇ!?

それ早く言うてくださいよ!!

聞いてみるとなんとまぁ、アバラを骨折されたそうで…。

そりゃ無理だ。

さぁどうする!?

…何か視線を感じる…。

「こうなったら門出さんにやってもらうしかないわ。」

…えぇ!?

いや、ちょっとそれは…ってか、無理に6人でやらなくても…。

あれよあれよと流され、どうやらマジでメンバー入り。

…どうなっても知らないよっ!






ま~、鈿女の舞よりかはラクかな♪(笑)

完結~。

ようやくRCCの三部作ができました。

http://www.npo-hiroshima.jp/blogn/

そう、スタッフのみなさんは当日終わったら「お疲れ!」だけど、ボクはそこからが本番。

それがね~、今週めっちゃ忙しくて。

仕事は毎日残業だったし、帰ってからは消防に結婚式に地域の集まりに…。

ついこないだまで、わりとヒマだな~って思ってたのに、なんでこんなにまとめてくるのよ。

おかげで本当に今週はクタクタです。

でも明日。

金曜に最大のお仕事が待っています。

昼間も夜も。

夜のほうはまた明日にでも報告しようかなと。

さ、頑張ってよい週末にしましょうて!
プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。