スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年を振り返る。

1月

初の講中務め。

2月

フォークリフトの免許を取った。

3月

龍山神社で文化財の防火訓練をした。

4月

消防のみなさんと北海道旅行。

5月

初USJ。念願のT2ー3Dに号泣(笑)

6月

新庄小学校のプール掃除に参加。すっごい楽しかった!

7月

毎年恒例グラウンドゴルフ、助っ人さんのホールインワンに感動。

8月

関門海峡花火大会を見る。

9月

尾道で奉納。真夏日の中で4演目舞う。

10月

消防団で行方不明者の捜索活動。

11月

某戦隊モノの作品作り。

12月

テレビが映るようになった。






以上、月間の出来事をまとめてみました。

4月は吉和競演とどっちか悩みましたね。

そして今年を漢字一文字で表すなら「前」。

いろんなことにおいて、前に少しだけ進めたような感じ。

あとは何があっても、常に前向きで頑張らないといけないと思いました。




そして今年の目標は

「仕事を減らす」

「神楽を頑張る」

の2つでした。



これは目標達成できたと思います。

そういう実感が持てるくらい、努力できたってことですね。

さて来年はどんな目標にしましょうか。





それではみなさん、よいお年を!
スポンサーサイト

容赦ない。

めりくり。

メリークリスマス。

庄原の丘陵公園にて。

ちょっと遅い時間になったんだけど、一応1時間くらいで一通り回って見れました。

ご近所さんにもバッタリ会ってビックリ(笑)

消灯時間の21時になると、容赦なくブツっと消えたイルミネーション。

屋台のお兄さんの

「容赦なく消えますよ」

の言葉通り。

写真撮りたくて手袋しなかったけど、手が凍るほど冷たかった!

でも帰ったらもっと寒いという(笑)

なんと新庄はさぶいとこだのぅ。

暮れのグランプリ。

1 1 ヴィクトワールピサ 牡3 55.0 M.デムーロ 角居勝彦

国内の戦績は文句ナシ。中山も得意そうだし、枠もいい!

1 2 ネヴァブション 牡7 57.0 後藤浩輝 伊藤正徳

中山得意、内枠。忘れた頃に来るタイプか。

2 3 フォゲッタブル 牡4 57.0 岩田康誠 池江泰郎

有馬記念の鉄則その1.父ダンスは消し。

2 4 トーセンジョーダン 牡4 57.0 三浦皇成 池江泰寿

3連勝で母父○。ただ…。

3 5 ルーラーシップ 牡3 55.0 C.ルメール 角居勝彦

最近の有馬は母父トニービンがとにかく来る!

3 6 ローズキングダム 牡3 55.0 武豊 橋口弘次郎 取消

データ的に来年は鉄板。

4 7 ブエナビスタ 牝4 55.0 C.スミヨン 松田博資

まず勝つでしょう。死角なし。

4 8 メイショウベルーガ 牝5 55.0 蛯名正義 池添兼雄

有馬向きでない感じの戦績かな~。

5 9 ダノンシャンティ 牡3 55.0 F.ベリー 松田国英

まさかここでの復帰。ただ…。

5 10 エイシンフラッシュ 牡3 55.0 内田博幸 藤原英昭

前走より状態はいいようです。ただ…。

6 11 トゥザグローリー 牡3 55.0 C.ウィリアムズ 池江泰郎

有馬の鉄則その2.3歳馬の穴馬ナシ。

6 12 ドリームジャーニー 牡6 57.0 池添謙一 池江泰寿

データ的に消しの人気馬ではある。

7 13 オウケンブルースリ 牡5 57.0 横山典弘 音無秀孝

人気を落とした実力馬ってことで穴パターンか。

7 14 ペルーサ 牡3 55.0 安藤勝己 藤沢和雄

オッズ的に買える3歳馬はピサとこの馬だけ。

8 15 レッドディザイア 牝4 55.0 四位洋文 松永幹夫

人気を落とした実力馬その2。ブエナと接戦の戦績!

8 16 ジャミール 牡4 57.0 福永祐一 松元茂樹

う~~ん、ない!!!(笑)







◎ブエナビスタ

○ヴィクトワールピサ

▲ペルーサ

△ルーラーシップ

△オウケンブルースリ

×レッドディザイア

あ~、済んだ済んだ。

ようやく今年最後のDVDが完成。

いいっしょ!?

なかなかいいジャケットでしょ(笑)

これで年が越せる…楽しいクリスマスが待ってる~♪










…ハッ!?

厳島のCDがあったんだった…。

それ、もうひと踏ん張り。

B~D~。

はこ。

ついに導入、BDドライブ。

来年の大朝競演は、DVDとブルーレイの2タイプ作りますかね。

…また仕事を増やしてからに(笑)

インセプション

人の潜在意識…夢の中に入ってアイディアを盗む。

映画「インセプション」の主役がその道のプロフェッショナルの役。

ところが今回の彼の任務はその逆、アイディアを植え付ける=インセプション。

不可能と言われるこの任務を成功させることができるかどうか。

ストーリー説明だけでもわけわからんですね。






「ダークナイト」から2年、クリストファー・ノーラン最新作は実に彼らしい作品。

わけわからんストーリーを、その編集テクでさらにややこしく(笑)

ボクは「メメント」以来、その編集技術に魅せられて大注目してるんですが、

前回の傑作「ダークナイト」ではそのお得意の手法を封じ、見応えあるドラマに仕立てあげた。

そのぶん、今回は本当に編集がすごかった!!

人が眠りに落ちて、夢に入る場面が多々あるけど、そこの切り替えが見事。

単純なカットの切り替えだけなんだけど、そのタイミングは「うまいなぁ~」と唸らされました。

そして脚本、これも斬新なアイディア満載、どっかで見たなんてものはなくて。

アカデミーのオリジナル脚本賞と編集賞はカタいんじゃないでしょうか。

とにかく、ヒッジョーに勉強になる作品です。







面白かったのは、「夢」の描き方というか、それに対する意識の描き方。

例えば、映画の中で「夢から覚めるにはどうするの?」みたいなセリフがあって。

「夢の中で死ねば、強制的に夢から覚める」のともう一つ、「キック」という方法。

いろんな「キック」があるんだけど、高いところから飛び降りるシーンがあって。

そいや、ボクも夢見たときに高いとこから飛んだら、そこで夢から覚めるなって思い当たって。

こういうのって万国共通なんだねと思った(笑)

他にも色々と、自分が無意識の内に見てる「夢」というものを、見事に映像化、作品化してあった。

だから見れば見るほど、どんどんこの映画のスゴさがわかってくるような気がします。







そして気になるのはやはりクライマックス…。

夢がテーマの作品だけに、

「どうせ最後は、実は夢でした、みたいなオチなんでしょ」

って思う方もいるかも。

でもそこはノーラン監督、そんな安っぽいエンディングにはしません。

そんなコトを思いながら、さぁどう終わるのかを考え始めた矢先、なんか嫌な予感が…。

待てよ、この監督だからもしかして「あぁいう」終わり方をするかも…。

そして最後のカット、あるモノが写り、まさか!?というところでブラックアウト。

やっぱり~~!!!やられた~~!!!

じぇ~~~~ったい、そうくると思っだぁ~~!!ぐやじぃ~~~!!!

っていうのがボクの感想(笑)

終わり方は「メメント」に似た感じですな。











ストーリーが難解な上に展開が早いので、ボーっとしてたらあっという間に置いて行かれます。

まるで「君たちにわかるかな?」みたいな、なんか観客に挑戦してるような雰囲気すら感じます。

ま、この人の作品の特徴ですが。

とにかく、超~集中して見ないといけない…というか、そうなってしまう。

そうやって、一生懸命見たのに、最後はあぁやって見事にやられる…。

ボクみたいに、ボランティア精神が旺盛な人には受けやすいかも(笑)





今年の映画ランキング、1位は「アバター」で決まりと思ってましたが、いやいやなんの。

後半になかなか良作が集まりました。

こりゃ久々にベスト10決めるの悩みそうです☆

で、できた。

完成!

今年も残り少し…さぁあと仕事も少し!
プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。