スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差し入れ♪

こないだの月一で、コーラの差し入れをたくさんいただきました。

ありがとうございます。

中でもビンコーラをくださった方、本当に感激です☆

コーラ。

やっぱりビンが一番美味しいね。

では、いただきまぁ~~












…ハッ!?


















せ、栓抜きが…ない…。

ドコで売っとるかいな↓↓
スポンサーサイト

ビフォア アバター。

「タイタニック号を舞台にしたロミオ&ジュリエットをやりたい。」

あるヒットメーカーのその言葉に、スタジオの重役達は苦笑した。






今からざっと15年くらい前。

そのヒットメーカーとはもちろん、ジェームズ・キャメロン監督。

いくら「T2」が世界で5億ドルを稼ぐ大ヒットを記録したとはいえ、

予算オーバーで有名なこの監督の言うことを素直に聞くほど重役も甘くなかった。

最後には沈むという結末がわかっている映画を誰が見に来るのか。

「水のジンクス=大量に水を使う映画はヒットしない」というのもあった。

キャメロン自身も監督作品で唯一成功したとは言いがたいのが、深海を舞台にした「アビス」だった。

そしてキャメロンがスタジオに打診した予算は1億5千万ドルといわれる。

その当時の史上最高の制作費はキャメロン監督の「トゥルーライズ」で1億2千万ドル。

シュワちゃん主演のアクション超大作ということである程度の成功は予想されたであろう「トゥルーライズ」に比べ、

結末が見えている船でレオ様主演のラブストーリー…。

そりゃ重役さんも首を縦には振りづらい。







結局なんとかゴーサインが出たはいいが、超(×100)完璧主義のキャメロン監督、あっという間に予算オーバー。

ほとんど画面に映らんような、実際のものと同じデザインの食器まで丁寧に作ってりゃ、いくらお金があっても足りんでしょう。

自分のギャラを返上してまで撮影続行させたが制作費は膨らむばかり…。

撮影中、監督のイスのそばには(自殺用の)カミソリが置かれていたというエピソードもあるくらい。

結局、予定を半年延期した1997年12月、ついにその映画は公開された。

もちろんその映画のタイトルは「タイタニック」。

航海すればこっちのもの、とばかりに世界中で大ヒット。

2億ドルを超えたといわれる制作費の何倍もの興行収入を叩き出し、

歴代1位だった「ジュラシックパーク」を抜いて世界で一番ヒットした映画になった。

だけでなく、アカデミー賞でも1959年の「ベン・ハー」と並ぶ最多11部門を受賞。

まさに「I'm king of the world!」





世界の頂点に立ったキャメロン監督が、誰にも文句を言わせず、

自分の脳内イメージを好き放題に映画化したらどんな作品ができるのか。

その答えはお近くの劇場へ。

ジェームズ・キャメロン監督、12年ぶりの最新作「アバター」。

見終わった直後のボクの感想。

「とんでもないモン作ったね…」

初代特派員。

ノドが痛い…まだ風邪が治りません。

さてさて、今回のタイトルは「初代特派員」。

「え、特派員Yさんが初代でしょ?」

いえいえ、違います。

実は二代目です。

正確に言えば、少なくとも?二代目です。

じゃその前の特派員報告はあるんか??

って思われますよね。












あります。

まだネット上に存在してます。

もちろん見れます。

ボクがNPOに入ったとき、「こんなことして欲しいんよ~」と見せてもらったんですが、

こないだ探してみたところ、ちゃんと残ってました。

興味のある方はどうぞ。



http://www.npo-hiroshima.jp/cgi-bin/kiji/news/2005/102302/index.html

http://www.npo-hiroshima.jp/cgi-bin/kiji/news/2005/111501/index.html

http://www.npo-hiroshima.jp/cgi-bin/kiji/news/2005/111502/index.html

http://www.npo-hiroshima.jp/home/html/2005-11-23inyou.html

http://www.npo-hiroshima.jp/cgi-bin/kiji/news/2006/032201/index.html




これなら自分にもできる!って思ってしまったのが間違い(笑)

もしこれが特派員Yさんの書いたものだったら、

「これはボクには無理です」

って断ってたかも(笑)

新人さんの心境ですな。










もう一つ話題を。

ついこないだ、新作10タイトルが発売された神楽CDですが、

近日また新作が出ます。




原田神楽団「天の岩戸」。



お楽しみに♪

夢のコラボ。

カンのいい方はタイトル見てすぐお気づきになったかと思いますが。

神楽の写真ならこの方!みなさんご存知、あのユッキーさんと、

神楽の記事を書かせたら右に出るものはいくらでもいる(笑)特派員Yさんが、

がっしりと腕を組むという夢のコラボレーション「神楽のぶろぐ」で実現しました。

http://www.npo-hiroshima.jp/blogn/index.php?e=287

http://www.npo-hiroshima.jp/blogn/index.php?e=288



腕を組むと言っても、決してウフフ♪な関係になったのではありません。

前から「できるといいな♪」と思っていた夢のコラボ。

おかげさまで、いつもより重厚感あふれるというか、ボリューム満点な報告になってますな。

「神楽をもっと多くの人に知ってもらいたい」「神楽の魅力を伝えたい」

そんな気持ちは、きっとユッキーさんも特派員Yさんも同じだと思います。

全国神楽フェスティバルの撮影、そして記事を書くという大役を主催者から任され、

そのプレッシャーはいつものイベントの比じゃなかったこととお察しします。

お疲れ様でした。





次のコラボを楽しみにしとります(笑)






さて、昨日からどうやら風邪をひいたボク。

そりゃ、氷点下の中で雪かきを延々としよったら誰だって風邪ひきます。

あ~~~しんどぃ…頭がフラフラする…。

そんな状態でよくあの文章書いたなぁ(笑)

コーラもたっぷり飲んだし、薬も少し飲んだし、暖かくして寝よう。

一人暮らしで体調崩すとホントつらいね。

みなさんもお気をつけください!

全国神楽フェス。

行ってきました。

S席チケットありがとうございました。


正直、思ったより集中して見てしまいました(笑)

中でも静岡の有東木神楽「松竹梅の舞」がすんごぃ面白くて。

高千穂は期待通りだったんで、初めて見た静岡のほうがインパクトあったようです。

また来年も開催してほしいなぁ…いや…仕事が増えるな…。

それと、ALSOKは何回も行ったけど、座席に座って神楽を見たの初めてでした。

たまにはいいね♪

ドリミネ。

ちょいと前ですが、ひろしまドリミネーション2009を見てきました。

ドリミネ1
ドリミネ2
ドリミネ3

なんか最近、神楽以外の写真を撮る機会が多いような…。

いいことですね(笑)

明日は全国神楽フェスティバルにいよいよ参戦。

誰とは言いませんが、「ぜひ来てください」との要請を受けて半ば仕方なく…。

まぁ呼ばれるうちが華です。

ホントは明日、龍山でのとんどに行きたいんじゃけどね。

頑張って仕事してきます。

神楽グッズ。

こないだ、グリアリであった新春神楽。

ロビーにて新しい神楽グッズを見つけました。

おに。

らいこう。

興味のある方は、神楽グッズサイト「神楽人」さんへ。

http://kagurazin.com/

講中務め。

新年早々、こんな日記で申し訳ないんですが…。

本日、近所でお葬式がありました。

ボクが新庄に引っ越して初の葬儀の講中務めとなりまして、

おぃちゃんら地域のみなさんに色々教わりながらの二日間でした。

大雪で吹雪く中、帳場で受付係をやらせていただきました。

去年は雪の中、岩戸で建物火災が発生して消火活動にあたりました。

今日にしても「寒い」なんて言うとられません。

まわりのみなさんは50代がほとんどで、ホントに何から何までわからないことだらけですが、

これからもしっかり勉強させてもらって、もっと地域に貢献できるようになりたいと改めて感じました。

みなさん寒い中お疲れ様でした。

ターミネーター4

まずもってこれはキャメロン作品じゃない、というのを念頭に置いて見る。



今までのシリーズとは別路線の物語。

今までは未来からターミネーターがやってきての逃亡劇。

それがマシンとの対決編となっているのが大きな違い。

ターミネーターの続編としては、もうこれ以上作りようがない。

実際、よくできてると思う。

未来は変わった。でも審判の日は来る。

決まっていた未来とは違うことが起きて、それでもジョンは人類を救えるのか。

このテーマは面白い。

そして何よりコアなファンを喜ばせる演出やネタが大量に盛り込まれてたのが嬉しい。




「死にたくなければついてこい」

カイルの、そしてシリーズの名台詞。

「アイルビーバック」だけではない。



ジョンの顔のキズ。

T2の冒頭で映るジョンの顔、そのキズの物語が明かされる、これはたまらない。



そして何よりもこのネタが一番グッときた。

モトターミーネーターを捕獲するため、音楽をエサにしたジョン。

そこで彼が流した曲が!!

T2で10歳のジョンが聴いていた曲。

こういうこだわり、いいなぁ。

T3は変なこだわりを変に見せてたから逆に冷めた。

サングラスとか「この手に言いな」とか。




ラストのシュワちゃん登場(CGだけど)は拍手喝采。

(↑あえて1984年に似せたとこがイイ。)

T-800とジョンの再会でもあるもんね。

他にもサラの写真やテープ、ラストの「嵐が来る」ってセリフまで入ってて、よくぞやったという感じ。





あと個人的に感動したシーンが、ラストでジョンがカイルに一言、

「よく戦った。」

これはもう、今回のことだけでなく、1984年の戦いを含む意味合いであるのは明らか。

今後のシリーズでのカイルの活躍が楽しみ。




とにかく全編通してターミネーターのオンパレード。

キャメロン抜きでタイトルに「ターミネーター」と付ける映画を作るならこれしかない!みたいな。

あのT2の続きなんて必要ない。

でもやっぱり物語の続きは見たい。

そんなファンの願いを叶えてくれる作品だと思います。




ただあえて言わせてもらうと、監督は無理でも音楽を同じにして欲しかった。

ブラッド・フィーデル。

監督が違えども、この人ならあの”ダダッダダン”の音楽で少しでもキャメロン作品の気分を味わせてくれたはず。

もう一つ暴走させて言わせてもらえば、監督はクリストファー・ノーランを抜擢。

現在、過去、未来の物語を彼得意の編集技術で見てみたい。

それにハリウッドらしからぬ骨太なドラマを作り上げる手腕も「ダークナイト」で実証済み。

きっと彼なら新しいターミネーターシリーズを創ってくれると思うんだけどな。

ジョン役もクリスチャン・ベールなんだし、その辺なんとかならんかね(笑)




甘いかもしれんけど、ボクは100点に近い評価かな。

2009ベストムービー。

毎年恒例、一年間に見た映画のベスト10です。

もっとも、ここ最近は見る本数が激減して、ベスト5がやっとですが…。

ちなみに2008年は


1位 ダークナイト

2位 AVP2

3位 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

4位 アメリカン・ギャングスター

5位 インファナル・アフェア(ビデオで…)



でした。

2007年の1位が「プレステージ」で、二年連続してクリストファー・ノーラン作品が優勝でした。

昨年は大本命と予想した「T4」がありましたが、果たして!?







では5位から。

「クローバーフィールド」をようやく(笑)

自由の女神が破壊された、タイトルのない映画。

いつぞや映画館でこのチラシを見た時は衝撃を受けた。

あまり話題にならなかったのか?結局劇場で見れなかったんだけど、ようやく。

要はあれだね、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の怪獣版ね。

実はいろんなヒントが隠されてて、タダのパクリではないようだ。




4位、これまたやっとこさ見た「SAW」。

うん、一作目です(笑)

これも最初にTVCMを見た時は衝撃だったなぁ。

中身も強烈。

忘れた頃に使用されたノコギリが…あぁ怖い。




3位、意外!って言わないで「余命一ヶ月の花嫁」。

実話でドキュメンタリーも作られてるってのは聞いてたんで、

見る前は果たして面白いのかと半信半疑だったんだけど、これは見事でした。

かざりっけのない、限り無くドキュメンタリーに近い映画。

淡々としつつも個性的な作り、これが日本映画のいいとこですね。

欧米や韓流には作れない良さをしっかり楽しませてもらいました。




2位、これもようやっと見れた「300」。

さんびゃく、じゃないよ、すりーはんどぅれっど、だよ。

3位の「花嫁」さんとは正反対、ドロッドロの濃い~~~ぃ映画。

時間と空間を自由に操って、長回しで見せてくれる戦闘シーンがやっぱりイイ♪

あと凝りに凝ったエンディングもグッド。




1位はやはり「ターミネーター4」で。

「アバター」が年越しになったおかげで逃げ切り。

感想は5行くらいじゃ足りんので、しっかり書いておきました。

http://tatsuyama1.blog78.fc2.com/blog-entry-26.html

興味のある方はどうぞ。




さて今年ですが、超大本命の「アバター」をしょっぱなに見るので、もう1位はコレです。

何と言っても12年間待ちに待ったキャメロン作品ですからね。

物語とか映像技術とか、役者の演技とか、面白いかどうか、そんなの問題じゃないんです。

キャメロン作品を見るってことが、ボクにとっては歴史的大事件なんで。

他に対抗馬も見当たらんし…。




…ぬぉおっ!?

クリストファー・ノーランの「Inception」!?

こりゃ悩むことになりそう…。

2010年。

神楽ファンのみなさん、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

一昨年、昨年と目標を達成できずだったので、今年こそは!と意気込んでおります。

さて今年の目標ですが、

「仕事を減らす」

「神楽を頑張る」


の2つにしようと思います。




一つ目ですが、正規の仕事以外の作業(某NPO含む)を削減しようというもの。

頼まれたら断れない性格が幸いして、今までとことん身を削ってきたので、

もういい加減、自分を大事にしようと思います。



二つ目は一つ目に関連したもので、要はDVD作るヒマあったら練習せぇってことです(笑)

間違っても神楽の撮影やイベントスタッフを頑張るという意味ではありません。

ということで、今年はみなさんから差し入れを頂く機会が少ないかもしれません。




なんだかどっちも具体的なものではないのですが、このほうがより厳しくできますからね。

目標に数字があると、それクリアした時点で終わったりとか、そこを目指してしまうもんね。

あえて曖昧にして、より高いものを目指すということで。




…と言ったそばから、今日はグリアリに行ってきました(笑)

http://www.npo-hiroshima.jp/blogn/index.php?e=284

おまけに、ヤブヘビな発言をしてしまったせいで全国神楽のも行くハメに…。

これじゃ先が思いやられますなぁ…。

おうおう、先月大急ぎで作らされた神楽CDが発売開始になりました。

http://www.npo-hiroshima.jp/kaguracart2010/main.cgi?mode=cart&sid=1

こないだの優秀神楽発表会から一挙10タイトル。

明日の新春神楽の会場でも販売してますので、興味のある方ぜひどうぞ。





それとあれですね、もっとここの更新を頑張ります。

今日もRCCさんに言われたけど、いろんな人から「裏書け裏書け」って。

ネタはいくらでもあるんだけど時間がなくて。

昨年見た「T4」の感想文すらまだだし。

はよせにゃ「アバター」を見てしまうぞ。

あっ、今年は映画もたくさん見たいなぁ~。

もしかしたら神楽話が少ないかもですが、今年一年どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

上広屋

Author:上広屋
まわりから「神楽バカ」と呼ばれて20数年…。
ついに念願叶って神楽の里にお引越し。
「神楽」が当たり前すぎて日常に溶け込んでいる日々を過ごしています。

電光掲示板
次回の上演予定
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。